天津神明宮(千葉県鴨川市天津)

安房神社 2020/07/24(金)撮影

安房神社は、千葉県館山市大神宮にある神社です。

八幡宮を参拝し、スシロー館山店でお昼ごはんを食べたあとに、こちら安房神社を訪れました。

安房神社入り口 2020/07/24(金)撮影

入り口の鳥居から、とてもおごそかです。

祭神は上宮に、忌部氏(斎部氏)の祖、天太玉命(あめのふとだまのみこと)と、妻神の天比理刀咩命(あめのひりとめのみこと)、忌部氏の五部の神が祀られます。メインは天太玉命だけを祀り、妻神の天比理刀咩命(天比理乃咩命)は、洲崎神社や洲宮神社に分けて祀られています。いつの間にか安房神社でも祀られるようになったそうです。

「安房」と同じ「あわ」という名前の国に、四国地方の「阿波」がありますが、同じルーツと言われています。四国の阿波にいた忌部氏の天富命が、はるばる海を渡って、房総半島にやってきて、布良の港から上陸、安房神社の地に祖の天太玉命を祀ったのだそうです。

そう考えると、上宮に祀られている神様は、大事にしたい祖先ではありますが、苦労して海を渡って房総の地にやってきたのは天富命と忌部氏の人たちですから、そちらのほうが相当大変な思いをしただろうなぁと思います。なので、なんとなく下宮のほうに親しみを感じました。この日は枯葉を集めて燃やしていて、白い煙が立ち昇っていましたが、それすらも意味があるように感じました。


基本情報

神社名 天津神明宮
住所 千葉県鴨川市天津2950
祭神

天照皇大御神(あまてらす すめ おおみかみ)
豊受大神(とようけ おおかみ)

配祀神:八重事代主神(やえことしろぬしのかみ) (えびす様)
大山祇大神 ほか七柱神

創建 1184年(寿永3年)
ご利益 安産帯祝い 初宮詣 七五三詣 合格祈願 結婚式 厄除 など
Wiki神社 天津神明宮
Wiki祭神  
公式サイト http://www.shinmei.or.jp
祭・神楽  
関連神社  
備考 式内社(式内小社) 旧郷社